商工会について

商工会は、地域に密着した総合経済団体です。
朝明商工会は川越町・朝日町を中心とした地域事業者が会員となり、
組織された団体となっています。
商工会が中小企業の「支援機関」として、
事業者の経営改善相談や地域振興イベント等に取り組んでいます。

商工会の2大事業

事業者の経営改善

経営改善普及事業

小規模事業者の経営や技術の改善発達のために、経済産業大臣や都道府県の定める資格をもつ経営指導員などが、金融・税務・経営・労務などの相談や指導に従事します。
事業者の経営改善

地域社会の発展

地域振興事業

地域の「総合経済団体」として、また中小企業の「支援機関」として、経済活動を通じた元気な地域づくりと商工業振興のため、意見活動、まちづくり、社会一般の福祉の増進など、
さまざまな事業に取り組んでいます。
地域振興事業

朝明商工会組織機構図

朝明商工会組織機構図

沿革

朝明商工会は、三重県三重郡朝日町・川越町の両町を管内に全国的にも珍しい商工会であります。
本会の前身は、朝日町に於いては朝日村商工組合、川越町に於いては川越村商工会が旧村単位に於いて任意商工会が結成され、昭和35年に商工会法施行に伴い、朝日町商工会と川越町商工会の両町が法制に基づく商工会準備委員会(発起人会)を設置し、昭和36年1月11日を以って商工会法による商工会設置の認可、設立登記の完了により特殊法人としての法的な朝明商工会が誕生しました。

立地

立地

北は桑名市(人口約140,000人)南は四日市市(人口約310,000人)に挟まれた小さな町で、朝日・川越町併せても人口約26,000人、 面積14.7平方キロメ-トルでありながら、県立普通科高校1校、中学校2校小学校3校と文化施設としてあいあいホ-ル、郷土歴史館等の施設があり、教育・文化に恵まれた地域であります。

財政面
県下市町村民一人当たりの分配所得は、川越町3,612,727円、朝日町3,359,011円と県下第1位・第2位を占めており裕福な町といえます。特に川越町は、県下唯一の交付税不交付団体であります。
産業面
農業・漁業から商業の町へと変遷してきたが、近年では沿岸部に埋め立て工事が進み、工業の町へと移行しつつあります。
交通面
南北に国道1号、23号が縦走しており、平成14年3月に北勢バイパスが朝日町まで開通し、近隣県との行き来の時間短縮が可能となりました。なお、国道1号沿約4Kmの間には、郊外型の大型店が多数出店し交通至便さに加え、人の往来と活気に満ち溢れた地域となっています。

 また、平成元年に沿岸部の埋立地に川越町が誘致した中部電力(株)川越火力発電所は日本唯一の発電規模を誇り、朝日町に於いては(株)東芝三重工場、カネソウ(株)に続いて東芝エレクトロニクス(株)の大手企業があり、エネルギ-と先端技術産業の拠点として重要視されている地域であります。

組織名 朝明商工会
住所 三重県 三重郡川越町豊田一色405 アクセス
電話番号 059-365-6603
設備・サービス 商工会館研修室貸出
その他 商工会会員の皆さま限定!ホームページが無料でお作りいただけます

会長挨拶

 平素は、当商工会の事業運営等に対しまして格別なるご理解ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、昨年初めより世界中で感染拡大した新型コロナウイルス感染症の影響は、東京オリンピック・パラリンピックの開催が延期されるなど、経済活動に限らず、社会・文化・スポーツ・教育活動等、小規模事業者をはじめ社会生活の根幹に甚大な影響を与えており、1年余りが過ぎた現在も終息が見えず、先行き不透明な状況になっております。

 当会におきましても、今年度予定しておりました「第18回朝明商工祭」をはじめ、多くの事業が延期また中止を余儀なくされました。そうした状況下ではありましたが、このような時こそ「町民の皆さんに笑顔を!町に元気と活力を!!」という思いを込め、昨年11月、朝日町・川越町の2か所より、同時にサプライズ花火を打ち上げさせて頂きました。打ち上げ後、町民の皆様から「感動した」・「元気をもらった」など多くのお礼や感謝の言葉を頂き、主催者側として大変嬉しく、感慨深い事業となりました。

 また当会では、小規模企業振興基本法及び小規模事業者支援法に基づき、中小・小規模事業者が地域において持続的発展が果たせるよう、個々の事業者に寄り添いながら多様な経営課題解決のための支援を行っています。特に国や県が講じたコロナ対策支援策の実行にあたっては、当会にも多くの事業者の方々が相談に訪れ、また、職員もその期待に応えるべく、コロナ禍においての最大限の感染予防に配慮しつつ融資の斡旋をはじめ、各種補助金、給付金の申請支援、さらには従業員の雇用確保対策など、伴走型で様々な経営支援を実践し、事業者の最も身近な相談窓口としての機能を果たしてまいりました。
これからも、中小・小規模事業者がこれまで経験したことのない未曾有の危機を乗り越え、商工会が果たすべき役割や、地域経済・社会の維持・発展を目指すうえで担うべき使命を役職員一人一人が共有し、組織一丸となって新たな未来に向けて邁進してまいる所存でございますので、より一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。
この度の「笑売繁盛」発行は、初めての試みとなりますが、年度末を迎えさせていただけました皆様への感謝とともに、情報共有をはじめ、商工会に気軽に立ち寄っていただき、商工会を身近に、よりご活用いただけましたらとの思いで発行させていただきました。是非、ご一読いただきたくお願い申し上げます。
結びに、新型コロナウイルス感染症の一日も早い終息と皆様方のご繁栄、ご健勝を祈念申し上げましてご挨拶といたします。

このページの先頭へ戻る